株式会社アクト株式会社アクトACT Corporation

ENVIRONMENTAL MANAGEMENT POLICY環境経営方針

基本方針

株式会社アクトは、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識して、循環型社会実現のため、資源の有効活用と環境汚染の予防に取り組むことで、高い「環境品質」と「顧客満足の向上」を図ることにより、持続的発展が可能な社会の実現に貢献します。

行動指針

当社は、印刷業としての特性を活かし、直接的及び間接的な環境影響を配慮するとともに、企業活動を通じて顧客への積極的な情報提供、グリーン購入及び自然資源の適切な利用と保護への積極的参加等を行い、循環型社会形成への貢献に向けて「エネルギーに対する基準」「廃棄物に対する基準」「有害物質に対する基準」を作成し、「環境意識向上」に努め、全社をあげて環境保全活動と汚染防止活動を展開してまいります。

  1. 循環型社会形成への貢献
    1. エネルギーに対する取り組み
      地球資源の保護と地球温暖化防止のため、電力消費の節減等省エネルギーに努めます。
    2. 廃棄物に対する取り組み
      リデュース(廃棄物の発生抑制)・リユース(材料等の再使用)・リサイクル(材料等の再生利用)の徹底に取り組み、資源の有効活用を促進し、可能なかぎり廃棄物の減少に努めます。なお、循環的な資源利用及び処分の順位は、1. 再利用、2. 再生利用、3. 熱回収、4. 処分とします。
    3. 有害物質に対する取り組み
      生産過程で利用する有機溶剤など環境影響の大きい物質の使用量の削減、適正管理を推進し、汚染防止に努めます。また、物品の購入には環境負荷の少ない製品等を積極的に選択し、グリーン調達を進めます。更に、社員の健康維持及び、周辺環境に配慮した作業環境の改善に努めます。
    4. 環境意識向上の取り組み
      当社の生産活動に関わる全員が、各々のレベルに合わせた学習を行い、環境に対する意識を高めます。また、環境意識向上に努めながら生産活動を行うことで社会に貢献します。
  2. 法の遵守と環境改善活動への参加
    「リサイクル法」「廃棄物処理法」「PRTR 法」「グリーン購入法」等、環境に関連する法規制、及び当社が同意するその他の要求事項を遵守致します。
  3. 環境保全活動の目的及び目標の設定と継続的改善
    環境方針に基づき環境目的、目標を定め、これを実行し見直すことにより、継続的改善を図ります。
    1. 環境への影響を調査、評価し、主要な要因を効果的に低減または削除します。そのために、技術的、経済的、人為的に可能な限り達成すべき目標を定めます。
    2. 環境に及ぼす影響を考慮し、環境目標を定め、定期見直しにより環境保全の継続的改善を図ります。
    3. 環境に配慮した商品開発、情報技術開発、生産技術開発、資材調達を行います。
  4. 環境方針の周知と公開
    全社員に対し環境教育等の啓発活動を行い、環境方針を周知徹底するほか、当社のホームページ等での一般公開を行い、当社の環境に対する姿勢を広く内外に示します。

株式会社 アクト
代表取締役 野坂 寛
2013年5月1日